はじめに

歓楽街から一筋路地に入ると、狭い路地には昭和の風情が漂い、
そこだけが時間が止まってしまっているような・・・
秘密めいた空間にタイムスリップしたかのようです。

赤提灯に誘われ気が付くと独り店先に・・・。
先ずは扉に近づいてみる。
扉の向こうから漏れ聞こえてくる話声に耳を傾けながら・・・。
旨そうな匂いが漂い、楽しそうな笑い声が聞こえてくる。

今度は暖簾の隙間から店の様子を覗ってみる。
店内は馴染みのお客さんといった雰囲気の後姿ばかり。
うかつには入れない。
ためらいながら、その場を離れる。

何度か行ったり来たり。

勇気を振り絞って扉を開けてみる。
そう、はじめてのお店に入る前のこの緊張感。
これぞ裏路地の良い店を見つける醍醐味。

そんなことを言ってもなかなか足を踏み入れられないのが
正直なところ、IT化が進むこの時代に地域の情報誌や飲食店の紹介をしたポータルサイトにもでてこない「裏路地の名店」があります。
そんな隠れたお店を紹介するガイドラインがあったらなぁ・・・。

そこで考えました。
安くて旨い「裏路地の名店」を裏路人(裏路地の達人)に
紹介してもらおうと!


最後に
サイトを通じて知り得た裏路地の情報をもとに次からは
勇気を出して、扉を開けてみてください。
その中から「また来たい!」と思えるお店が見つかれば、
あなたの心の引き出しがまたひとつ増えるはずです。
そして友達や仲間に「こんな店、知ってるか?」と自慢してください。
そんな裏路地の楽しみ方ができる連鎖を楽しみにしております。



illust_1.jpg









illust_2.jpg
【画】郁彦@MITANI

first_2.jpg
良き店憲章

裏路地の良き店8つのチェックポイント
その1 路地のなかに溶け込んだ店構え。
その2 看板や暖簾に味がある。
その3 ドアを開けた瞬間の緊張感が常にある。
その4 おひとりさまを受け入れるカウンターがある。
その5 トイレが常に清潔に清掃されている。
その6 地産地消のおすすめの酒の肴や地酒が豊富。
その7 店主や女将の話が楽しい。
その8 その日のメニューがある。